プロフィール

私はニューヨークにて数々のセッション、ライブパフォーマンス、そしてツアーを行ってきました。

現在は地元高松で若手ミュージシャンの育成、そしてニューヨークで得た知識を共有する事を目的として地元ミュージシャンと共演したりレッスンなどを展開している。

22歳の時に単身でアメリカへ渡り、ニューヨークのドラマーズコレクティブにてドラムを修学そして、当然音楽の知識はもちろんジャズの知識もなかったが上達したい一心でスモーク、スモールズ、ファットキャットなどのジャムセッションに参加し腕を磨いた。
何度も失敗したし、演奏をぐちゃぐちゃにした事もあったが、毎晩通い続けた。その結果が今に至っている。
(ドラマーズコレクティブでは、イアンフローマン氏からジャズを学び、キムプレンフィールド氏からフュージョンを学ぶなど、ブラジリアン、アフロキューバン、R&B その他等、ドラムの全ての基礎を習得した。)

自分が見てきた数々の一流のミュージシャン達の演奏、特にニューヨークのミュージシャン達が大切にする音のタッチに感動したので、それらを伝授したいという事と、これから東京や海外留学にてプロを目指すミュージシャン達に準備をさせてあげたいとの思いで今は高松を中心に音楽活動(レッスン、ライブ活動)を展開している。

今後はニューヨークで出会った、今現在に東京、大阪で活躍するミュージシャン達と繋がり、自身の音楽の展開、そしてそれと同時に近県でのレッスンの展開も考えている。

レッスンスタイルは”考える事”をテーマにしている。シンプルな所から始めて複雑な所に向かって行く過程の中に発見があり、シンプルなものをカッコよく、そして難しく見せる技術を習得する事が自らのセンスを磨くことに通じるということ。(詳細はEmail tomoyasuikuta@yahoo.com)

彼はニューヨークで数々の挫折も示唆した。一つは言語、そして音楽の知識があまりにもなかったと言う事。日本から来るミュージシャン達は日本で修学したのちに、挑戦する為にニューヨークへ来ていた事もあってとても素晴らしい演奏をする方達が多く、そして地元アメリカ人達は本当にユニークな音楽性を持った人達が多かった。その中で揉まれた事、そして何度失敗してもセッションに通い続けた事が原点となり今も彼の音楽性を支えている。

レッスンに関しての質問等
tomoyasuikuta@yahoo.com

https://m.facebook.com/tomoyasu.drummer?refsrc=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Ftomoyasu.drummer

Twitter
Tomoyasu Ikuta
@TomoyasuSan

Tomoyasu Ikuta
Independent Drummer  of The Black Black

 

Tomoyasu Ikutaさんが2017年8月25日 22:59に閲覧